激しい寝言と寝相、いびき、睡眠障害 専門医にご相談下さい

激しい寝言、寝相の病気、レム睡眠行動障害、夢遊病を病院で治したい、方法を知りたいという疑問に岐阜市の睡眠障害の病院がお答えします。

睡眠時随伴症の情報サイトです

睡眠時随伴症の情報サイトです イメージ

パラソムニア治療ガイド・名古屋・岐阜市版にようこそ。
このサイトでは、眠っているときに起きる、好ましくない異常行動や症状が出る病気について症状、検査と診断方法、対策と治療について睡眠障害専門医が解説しています。

睡眠時随伴症(parasomnia)は、寝ぼけ、夜尿、悪夢、夜驚症、歯ぎしりなどがあります。身体が動く病気として、小児に多い夢遊病、高齢者に多いレム睡眠行動障害は代表的なパラソムニアです。

これらの睡眠障害で悩んでいる方、ご家族に該当症状があり心配である方々からの相談を外来でよく受けます。当サイトの情報が、地域の病院に相談する前に、病気の基礎知識、治療までの流れの理解に役立つことができれば幸いです。

次のような症状に心当たりはありませんか?

  • 寝ている時に大声で怒鳴る、寝言が激しい
  • 夢と混同して隣で寝ているパートナーを殴ってしまう
  • 無意識で起き上がり、歩き回る(夢遊病の症状)
  • 眠っている間に、無意識に食べたり飲んだりする
  • 恐ろしい夢をみて、目が覚める、叫ぶ

睡眠障害のことなら岐阜市にある当院へ

1.睡眠障害の専門病院であること

岐阜県にある日本睡眠学会の認定機関です。終夜睡眠ポリグラフ検査が可能で、様々な眠りの病気に対応しています。

2.睡眠と内科の専門医による診断

睡眠と内科の両方の視点から治療を行っています。眠りの病気と内科の病気を同時に治療することが特色です。

3.名鉄岐阜駅から徒歩3分、駐車場あり

岐阜駅近く、アクセス良好です。通勤帰り、会社の休み時間など、ご利用下さい。土曜日の午前も診察しています。

睡眠時随伴症には様々なタイプがあります

睡眠時随伴症には様々なタイプがあります イメージ

睡眠中に好ましくない生理現象が起きる病気、よく悩み相談を受けるものに夢遊病、寝言、レム睡眠行動障害があります。その他、睡眠麻痺(金縛り)、夜尿症、いびき、睡眠関連食行動障害、歯ぎしり、悪夢もパラソムニアの一種です。

中高年に多いレム睡眠行動障害とは?

中高年に多いレム睡眠行動障害とは? イメージ

高齢者の眠りの問題で多いものに不眠症、睡眠時無呼吸症候群がありますが、最近、注目されている病気として、レム睡眠行動障害があります。夢の内容に反応して手足を動かす、殴る、ベッドから転落するなどの症状が問題となります。

パーキンソン病、認知症の初期症状、前兆であることも明らかになっています。気になる症状があれば、専門医のいる病院に受診しましょう。

大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の治療

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある

睡眠障害

睡眠障害

眠れない、途中で目が覚める、睡眠リズムの問題など

院長紹介

院長:阪野勝久

院長 阪野 勝久
(医学博士)

岐阜駅近くで、内科と睡眠障害の治療を行っています。いびき、不眠、眠気の病気でお困りの方、専門医にご相談下さい。

院長のごあいさつ

阪野 勝久 公式サイト
© 2016 パラソムニア治療ガイド(阪野クリニック監修) 
All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る