睡眠時随伴症パラソムニアの情報サイトを開設しました

眠っているときの異常行動、激しい寝言と寝相の病気に関する情報サイトを立ち上げました。岐阜市在住の睡眠障害の専門医が解説します。

睡眠時随伴症パラソムニアの情報サイトを開設しました

タグ: ,

睡眠障害の症状には、眠れない、眠っている間に呼吸の問題がある、
眠気が強い、脚の動きが生じる、寝言や夢に反応して体が動くなど、
さざまざな種類があります。

一般的に眠りの病気は精神科、内科の診療科によって診察されることが多く、
最近になって患者数が増加している睡眠時無呼吸症候群は呼吸器内科、
循環器内科、耳鼻咽喉科の医師が診るケースが多いです。

睡眠時随伴症(パラソムニア)は、眠っているときに生じる、
好ましくない身体症状の出現が特徴である病気です。

具体的には、高齢者に多いレム睡眠行動障害、小児に好発する夢遊病、夜驚症、
さらに、歯ぎしり、睡眠関連摂食障害などがあります。今後、解説していく予定です。

睡眠障害の病院やクリニックを受診する前に、参考になれば嬉しく思います。

サイト監修者 睡眠専門医 阪野勝久(ばんのかつひさ)

 

ホーム > 新着情報 > 睡眠時随伴症パラソムニアの情報サイトを開設しました
大きないびき、無呼吸

大きないびき、無呼吸

激しいイビキ、昼間の眠気、睡眠時無呼吸症候群の治療

過眠症・ナルコレプシー

過眠症・ナルコレプシー

授業中の居眠りが多い、昼間の異常な眠気がある

睡眠障害

睡眠障害

眠れない、途中で目が覚める、睡眠リズムの問題など

院長紹介

院長:阪野勝久

院長 阪野 勝久
(医学博士)

岐阜駅近くで、内科と睡眠障害の治療を行っています。いびき、不眠、眠気の病気でお困りの方、専門医にご相談下さい。

院長のごあいさつ

阪野 勝久 公式サイト
© 2017 パラソムニア治療ガイド(阪野クリニック監修) 
All Right Reserved.
このページの先頭へ戻る